自民衆院議員「安倍派」強弱一覧(南関東)

南関東の分析

南関東ブロック内の自民「安倍派」は17人。内2人は集計不可であるため、15人について見ると、選挙区落選(比例復活)が4議席。野党共闘がしっかり機能した場合、3議席がひっくり返り、4議席で逆転する可能性が生じ、

南関東の安倍派は壊滅する。

日本会議の巣窟・神奈川県を擁しており、磐石/圧倒の選挙区も目立つが、反面、確実に取れる選挙区が少ないのが特徴。地方における日本会議と国会議員の趨勢はおおむね一致するので、特に神奈川を切り崩すことは大きな意味があると見る。

※参考→「安倍派」とは何か?~極右紛いの反日売国極左~(NAVERまとめ)

千葉県第1区 門山 宏哲
j_close c1-kadoyama 分類:安倍チルドレン

自公維:103,259(含次世代:26,322)

野共闘:102,937

比例復活組。3位につけていた次世代・田沼が自民に復党したため、それを加味するとほぼイーブン。

千葉県第3区 松野 博一
j_close c3-matsuno 分類:創生「日本」

自公維:85,277

野共闘:74,505

共闘を明確にし、機運を盛り上げていけば十分に闘える。

千葉県第5区 薗浦 健太郎
j_str c5-sonoura 分類:創生「日本」

自公維:105,941

野共闘:85,555

チルドレン以外で文化芸術懇話会に所属する数少ない議員。安倍派のセンパイ的ポジションが伺える。前回は強かったが回によって浮き沈みが激しいことから見ると地盤は流動的だろう。闘えると見る。

千葉県第7区 齋藤 健
j_str c7-saito 分類:創生「日本」

自公維:111,030

野共闘:90,675

野党分裂気味であった選挙区だが、維新であった石塚貞通が民進に戻っており、協力体制が整うと見る。もともと与野党を二分する選挙区であるだけに、上記ほどの戦力差はないはず。

千葉県第8区 櫻田 義孝
j_close c8-sakurada 分類:創生「日本」

自公維:98,569

野共闘:100,785

共闘でひっくり返る。安倍派のコア・創生「日本」 落とせ!

千葉県第9区 秋本 真利
j_close c9-akimoto 分類:安倍チルドレン▲

自公維:85,092

野共闘:89,039

脱原発を明言する珍しい自民議員。この事実を持って安倍チルドレンではないのかもしれないが、諾々と安倍政権に従うだろうから、悪いけど落ちてくれ。

千葉県第13区 白須賀 貴樹
j_close c13-shirasuka 分類:安倍チルドレン

自公維:96,294

野共闘:92,872

神奈川県第1区 松本 純
j_close kn1-matsumoto 分類:創生「日本」

自公維:113,844

野共闘:103,526

ここも実は思ったほど強くない。票の流れが読みにくく、風向きひとつで変わる。安倍派のコア・創生「日本」のベテラン。落とせ!

神奈川県第2区 菅 義偉
j_str kn2-suga 分類:創生「日本」

自公維:147,084

野共闘:70,130

安倍の懐刀。なぜこんなのが強いのか謎だが圧倒だろう。

神奈川県第3区 小此木 八郎
j_str kn3-okonogi 分類:創生「日本」

自公維:102,323

野共闘:82,052

この選挙区はずっと野党乱立になっていて、小此木が強いと言うよりは状況に恵まれていると言った方がいい。野党共闘すればひっくり返るんじゃないか?と思う選挙区のひとつ。

神奈川県第12区 星野 剛士
j_close kn12-hoshino 分類:安倍チルドレン

自公維:97,533(含次世代:14,208)

野共闘:98,801

野党共闘でひっくり返る。もの凄い接戦ではあるが。

神奈川県第16区 義家 弘介
j_week kn16-yoshiie 分類:創生「日本」

自公維:101,116

野共闘:121,875

自民の十八番・知名度利用で政界入りした。安倍からスカウトされたらしく、親学議連も所属する。自民の教育関係は闇だ。引き続き落ちろ!

神奈川県第17区 牧島 かれん
j_close kn16-makishima 分類:安倍チルドレン

自公維:118,537

野共闘:103,357

経歴を見ると安倍チルドレンと言うよりは従来の売国親米派っぽいのだが、安倍政権で政務官→熊本地震の現地対策本部長、と重用されている姿が見える。安倍チルドレンに準じる

神奈川県第18区 山際 大志郎
j_no kn18-yamagiwa 分類:創生「日本」

山際は決して強くはないが、野党混戦となるために集計不可な選挙区。自由党・樋高剛が出馬を表明しており、共闘できれば勝てると見るが、前回、次世代(現こころ)から出馬した中田宏が離党しているとしても維新あたりから出られると厄介か。顔とかギャラとか維新っぽいんだよなぁ。中田って(笑)。

山梨県第1区 宮川 典子
  j_week ym1-miyagawa 分類:安倍チルドレン

自公維:132,236

野共闘:104,099

前回は中島克仁の辛勝だったが共闘することで磐石になるだろう。維新の小沢鋭仁が選挙区から出てくると厄介だが…。

山梨県第2区 堀内 詔子
j_week ym2-horiuchi 分類:安倍チルドレン

自公維:68,109

野共闘:99,695

利権議員と見る。夫・光一郎の父・光雄の地盤を継いだ世襲であるが、注意すべきが堀内の父・小林喬がフコク生命の社長であること。この企業は旧「富国徴兵保険相互会社」であり「徴兵保険」で大きくなった。安倍政権になってフコク関係者・山口壯(兵庫12区)が入党している。徴兵利権が動いていると警戒すべき。

南関東ブロック 中谷 真一
j_no mkb-nakatani 分類:安倍チルドレン

前衆院選では比例南関東ブロックの単立優遇1位である。防衛大学卒、佐藤正久の秘書以外の特別な経緯は見当たらないが、それだけで優遇1位というのは考えにくい。どうせ防衛利権(軍産)あたりが動いているんだろう。

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>